FC2ブログ

 

ファイナル・ウォー・ファンタジー
太陽の光を奪い取られ「暗黒大陸」で暮らす人間の物語。 「不幸の実」を食べた「人間」と、「幸福の実」を食べた「魔族」の戦い――「7色の神器(虹のように7色に光り輝く、7つの神器)」を巡る戦いを描く。
http://ffwar.blog.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

プロローグ

体中に深い傷を負った2匹のケモノが、
腹をすかせて、荒野を、さまよっていた。
あわれに思った神は、彼らに「2つの果実」を与えた。

この「2つの果実」は、両方とも同じ形をしていたが、
色だけが違っていた――
それは「黒い色」と「赤い色」をしていた。

「黒い色をした果実」は「不幸の実」であり、
「赤い色をした果実」は「幸福の実」であった。

「不幸の実」を食べたケモノは、のちに「人間」と呼ばれる生命となった。
そして「幸福の実」を食べたケモノは、
のちに「魔族」と呼ばれる生命となった。

***************************

「幸福の実」を食べた「魔族」は、
「魔法」という奇跡を起こす力を、手に入れた。
手を使わずに岩を動かし、
水や火を自在にあやつり、空を飛ぶことさえも出来るようになった。
さらに「魔族」には、約1000年の長寿が与えられた。
大きな力を得た「魔族」は、
豊かな生活を手にして、お互いに争いもせずに、幸せに暮らした。

その一方で「不幸の実」を食べた「人間」は、
魔法を使うことが出来ず、しかも短命であった。
非力な人間たちは、貧しい生活を強いられ、
そのため人間同士の争いが、たえなかった。

この「2つの実」の話は、伝説として、後世に語り継がれていった――

***************************

それから長い時が経過した。

「人間」と「魔族」の2つの種族が、世界を支配していた。
世界は、2つの大陸に分かれていた――
「人間」だけが住む「ネファーンド大陸」と、
「魔族」だけが住む「ミゲルクルス大陸」の2つである。

「2つの大陸」の間には、広大な海が横たわっていたこともあって、
「人間」と「魔族」は、大きな戦いもせずに、長い間、共存していた。

しかし今から1300年前、
「人間」と「魔族」両者の、平和的な共存関係は、終わりを告げた。
そのきっかけとなったのは、大きな天変地異であった――
「人間」だけが住むネファーンド大陸に、太陽が全く昇らなくなったのである。
そのため人間の世界は、「暗黒の世界」と化した。
人間界の荒廃が進み、人心は暗くなり、
これまで以上に、人間同士の争いが増えた。

その一方で「魔族」だけが住むミゲルクルス大陸は、
これまでと変わらず、太陽の光が降り注ぐ、明るい恵みの大地であり続けた。

人間の世界から、太陽が消えた――
この天変地異は、「魔族」の仕業とされた。

人間たちは、口々に叫んだ――
世界支配をもくろむ、悪しき魔法使いどもが、
我々人間を絶滅させるために、ついに行動を開始した!
ヤツらは、魔法を悪用し、人間から太陽を奪ったのだ!

以後、人間たちは、太陽を取り戻すために、
なによりも生き残るために、
邪悪な敵である「魔族」への戦争を開始した。

人間は「7色の神器」を魔族から奪うため、
魔族が住むミゲルクルス大陸への侵攻を繰り返した。

「7色の神器」とは、絶大な魔力がやどっている聖物であり、
虹のように7色に光り輝き、
「幸福の実」と同じ、丸い果実のような形をしていた。
そしてこの「7色の神器」は、全部で「7個」あった。

魔族が人間から太陽を奪った際、
魔族は、この「7色の神器」の力を借りて、
太陽を封印した、といわれてきた。

つまり人間が「7色の神器」を全て、魔族から奪えば、
魔族が太陽にかけた呪縛は、効力を失い、
人間は、太陽を取り戻すことが出来るはずであった。

また「7色の神器」は、7個、全てそろった時、
「魔族」の魔力の源である「幸福の実」を
生み出すことが出来ると伝えられてきた。

つまり人間が「7色の神器」を全て手に入れれば、
「7色の神器」が生み出す「幸福の実」を食べることで、
人間は「魔法」を身につけることができるはずであった。

1300年に及ぶ戦争の中で、
人間は「7色の神器」が安置されている「魔族の聖地」に、
次々と攻撃を仕掛け、
7つある「7色の神器」のうち、6つまでを奪い取った。

これで人間が手にしていない「7色の神器」は、
残すところ、あと1つとなった。
「最後の1つ」さえ手に入れれば、
人間は、魔族にかけられた呪縛から解放され、
太陽の光を取り戻すことが出来るはずであった。
そして「7色の神器」が生み出す「幸福の実」を食べることで、
「奇跡の力(魔法)」を身につけることが出来るはずであった。
そして「人間」こそが、
真の「世界の支配者」となることが出来るはずであった。

人間は「最後の戦い」に打って出ようとしていた。
1300年に及ぶ「人間」と「魔族」の戦いが、
今まさにクライマックスを迎えようとしていた――




 
スポンサーサイト
 

第1章・・・出陣式

「魔族」が住むミゲルクルス大陸への、人間軍の総攻撃は、
いよいよ明日に迫っていた。

蒸し暑い夜の20:00。
今回の軍事作戦の出撃地点となる軍港のそばには、巨大な会場が設けられ、
そこに、何万もの人間の戦士たちが、集結していた。
これから人間軍の最高司令官(ガーセレン帝国の皇帝)による演説が、
始まるのである。

今回の軍事作戦には、人間の国家・全てが――
30ヵ国以上の人間の国々が、参加していた。
それゆえに、会場に集まった人間の戦士たちの格好はバラバラで、
まるで統一されていなかった。
さまざまな軍服や民族衣装が入り乱れ、
「肌の色」や「顔立ち」まで、それぞれ違っていた。
ただ彼らに共通していたのは、
心に激しく燃え上がる「戦闘心」と「魔族への憎しみ」のみであった。

この雑多な人間軍を、まとめあげ率いるのは、
人間界の中でも最強の国である「ガーセレン帝国」の
若き皇帝ラズヘルク4世である。

会場に設けられた壇上には、皇帝ラズヘルクが、ただ1人、立っていた。
そして彼は、眼下に広がる戦士たちを、鋭い目つきで、見下ろしていた。

至るところに設置されている、かがり火が、
戦士たちの横顔を、照らし出していた。

深く息を吸い込むと、皇帝ラズヘルクは、演説を始めた。

「旧き伝説は、伝えている。
魔族は『幸福の実』を食べ、
そして我々人間は『不幸の実』を食べた、と。

『不幸の実』を食べた我々人間に課せられた、その後の運命は、
たしかに不幸なものであった。
我々人間の歴史は、過酷で、そして血塗られた歴史でもあった。
人間は、お互いに争いを続け、さらに太陽の光さえも奪い取られた。

これらの悲劇は、人間が背負いこんだ全ての不幸は、
悪しき魔法使いども――魔族が、もたらしたものである。

我々は明日、この呪いに、永遠に終止符をうつ。
我々人間が、歴史的呪縛から解き放たれる時が、近づきつつある。
『魔族』との歴史的な戦いが、今まさに、はじまろうとしている!」

ウォーという歓声が、戦士たちの間から上がった。
しばらくして歓声が落ち着くと、皇帝ラズヘルクは、演説を続けた。

「これが、我々人間にとって『史上、最後の戦争』となるだろう。
明日から開始される『魔族との戦い』において、
我々人間は、邪悪な魔族どもが巣くう『ミゲルクルス大陸全土』を、
ついに制圧するだろう。
そして我々は『7色の神器』を、全て手に入れるだろう!」

再び大きな歓声が起きた。
皇帝ラズヘルクは、戦士たちに向かって、最後の檄を飛ばした。

「我々人間は、『7色の神器』を全て手に入れることで、
『旧き力(太陽)』を取り戻し、
『新しき力(魔法)』を手に入れる!
1300年に及ぶ『魔族』との、つらく長い戦いが、ようやくこれで終わる!
この歴史的集会に集った諸君!
この戦いに勝利せよ!
偉大なる戦勝を、自らの手で、つかみ取れ!
さすれば我々人間は、平和で豊かな生活を、手にできるだろう!
我々人間は、現世の、あらゆる苦悩から開放されるだろう!
そして再び昇る太陽が、我々の未来を、明るく照らし出すだろう!!」

ウォーーー!という大歓声が、会場をおおった。
それは、遠く大海原にまで鳴り響いた。
拍手は、鳴りやまなかった。
戦士たちをとらえた興奮は、いつまでも、おさまらなかった――
 
 

当サイトのメールアドレス

final
 
 

相互リンク

 
 
 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 ファイナル・ウォー・ファンタジー, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。